【今週公開の新作映画】「インフィニティ・プール(2024)」が気になる。

【監督】ブランドン・クローネンバーグ
【出演】

【あらすじ】主人公 ジェームズは、妻のエムとともに高級リゾート地の孤島にバカンスに来る。そこで、ジェームズのファンと言う女性に会い、ドライブに出かけるが、その国には恐ろしいルールがあった。

デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子の監督作品でもあり、その印象を受け継いできているなぁと思うところ

ブランドン・クローネンバーグ監督は、父が監督であり、2012年『アンチヴァイラル』で監督デビューをしています。2020年「ポゼッサー」を監督し、父同様に独特な世界観を描いている監督です。

アレクサンダー・スカルスガルドは、スウェーデンの俳優で、子役の頃から活動をし、TVドラマや映画で活躍をしています。

ミア・ゴスは、2013年「ニンフォマニアック」で映画デビューをし、その後、「サスペリア」「ハイ・ライフ」などに出演し、「X エックス」シリーズで話題となり、着々とキャリアを重ねている女優です。

物語は、主人公夫婦が高級リゾート地にバカンスに出かけ、そこで出会ったファンの女性に誘われて、観光客には行かないように警告されている敷地に入ってしまいトラブルとなっていくストーリーです。

本作は、罪を犯してしまった者が許される方法として、自分のクローンを殺すことで免れるという独特のルールのある国で事件に巻き込まれていく展開です。

インフィニティ・プールとは、海とプールが一緒になっているような錯覚を感じる絶景のようなプールのこととなります。タイトルがそのプールを示しているのかはわかりません。

独特な世界観とちょっとグロテスクのような印象のある異形感が人を選びますが、デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子の監督作品でもあり、その印象を受け継いできているなぁと思うところです。

悪夢感のある内容と思いますが、この異世界的な独特な雰囲気と設定は、むしろ非常に面白いところに思います。

個人的に勝手に思う関連作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です