【今週公開の新作映画】「52ヘルツのクジラたち(2024)」が気になる。

【監督】
【出演】/志尊淳/宮沢氷魚/

【あらすじ】主人公 三島貴瑚は、とある痛みを抱え、東京から海辺の街に引っ越してくる。そこで母親から「ムシ」と呼ばれ虐げられてきた少年と出会い、自分の境遇にも似たところから、一緒に暮らし始める。

ちょっとダウナーな内容ではありますが、キャッチコピーにあるように、救いのある物語かと

成島出監督は、1986年『みどり女』でぴあフィルムフェスティバルに入選し、映画監督になる道を選んでいます。1994年『大阪極道戦争しのいだれ』で脚本家デビューをし、後に多数の脚本を手掛けます。2003年『油断大敵』で商業映画監督デビューをし、多数の賞を受賞しています。その後、2012年『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞しています。2015年にも『ふしぎな岬の物語』で第38回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞しています。

杉咲花は、子役として芸能界に入り、一時期芸能界を離れるが、中学生になり再び女優を目指、2011年「ドン★キホーテ」でドラマ初出演をし、以降ドラマや映画に出演しています。個人的には非常に表現力がある素晴らしい女優かと思います。

志尊淳は、街頭スカウトをよく受けることから、芸能界に興味を持ち、モデルと俳優の活動を始めます。2011年ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで俳優デビューをし、その後、2014年『烈車戦隊トッキュウジャー』で主演を演じます。戦隊ヒーローの出演キャリアから、大成する俳優も多いことから、今後の活躍に期待できる俳優です。

物語は、心に傷を負い、東京から海辺の町に引っ越してきた主人公が、自分と似たような境遇の少年と出会いともに暮らし始めていく中で、少年に一つの願いが芽生え、少年の力になっていくストーリーです。

原作は、2021年本屋大賞を受賞した町田そのこの小説「52ヘルツのクジラたち」です。

52ヘルツのクジラたちという題名は、クジラが会話をする鳴き声で、他のクジラには聞こえない高い周波数の音に由来しています。周囲のクジラには聞こえない音なので「世界で最も孤独なクジラ」という意味があります。

児童虐待やDV、介護問題やトランスジェンダーなどの社会問題も含まれており、ちょっとダウナーな内容ではありますが、キャッチコピーにあるように、救いのある物語かと思います。

主演の杉咲花が最近では非常に良い作品に多く出演しており、演技力も高いので、期待できそうです。

136分の映画となりますが、演技力のある俳優が多くでているので、観ごたえある作品なのかと思います。

個人的に勝手に思う関連作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です