【今週公開の新作映画】「アステロイド・シティ(2023)」が気になる。

[PR]

この記事には一部アフィリエイトリンクを掲載しています。

【今週公開の新作映画】
【今週公開の新作映画】
この記事は約3分で読めます。
[PR]

【監督】
【出演】

【あらすじ】舞台は、1955年のアメリカ南西部の砂漠の街アステロイド・シティ。隕石が落ちたクレータが観光名所となっており、そこに様々な人が訪れる。ある日、突如宇宙人が現れ、大混乱となる。

[PR]

多数の登場人物がいるところもウェス・アンダーソン監督の特長であり、この作風二ハマれる人はとことんはまれるのかと思います。

監督は、1992年「Bottle Rocket」で短編映画を制作し、1996年「アンソニーのハッピー・モーテル」で長編映画監督デビューをしています。1998年「天才マックスの世界」2001年「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」で高い評価を得て、アカデミー脚本賞にもノミネートされています。独特な群像劇スタイルの作品が多く、「ダージリン急行」「ムーンライズ・キングダム」「グランド・ブダペスト・ホテル」など、高い評価の作品が多数ある監督です。

・スカーレット・ヨハンソンは、舞台女優として活躍後、1994年『ノース 小さな旅人』で映画デビューをしています。1996年『のら猫の日記』2001年『ゴーストワールド』と出演し、2003年「ロスト・イン・トランスレーション」で高い評価を得ています。数々の映画賞でノミネートされていますが、実際に受賞までにはならない場合も多く、ちょっと正しく評価されていない感じもしますが、まだまだ可能性のある女優です。

・トム・ハンクスは、1980年『血ぬられた花嫁』で映画デビューをし、全米長寿バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』などでも活躍するコメディアン的側面を持ちながらも、『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ/一期一会』などでアカデミー主演男優賞を受賞しており、名実ともに兼ね備えた俳優です。

・マーゴット・ロビーは、米国のTVドラマ『PAN AM/パンナム』で話題となり、その後、2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でブレイクをして以降、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役でも人気となっています。

・第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品

・物語は、1955年のアステロイド・シティという街が舞台。そこで、5人の天才科学者が集められるが、そこに宇宙人がやってくるというストーリーです。

・ウェス・アンダーソン監督は、毎回制作する作品が高い評価となっており、今回も、最高傑作とも言われています。

・独特な雰囲気の作品が多いですが、ウェス・アンダーソン監督の作品のテイストは毎回似ているところがあります。

・コメディとしての作品ではありますが、このコメディの感覚はアメリカ人ならわかるというようなところもあり、笑いのツボも独特です。

・多数の登場人物がいるところもウェス・アンダーソン監督の特長であり、この作風二ハマれる人はとことんはまれるのかと思います。

・多くの作品で高い評価のあるウェス・アンダーソン監督作品なので、今回も内容には不安はないのかと思います。

個人的に勝手に思う関連作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました