沢尻エリカ

【日本映画】

【日本映画】「人間失格 太宰治と3人の女たち〔2019〕」を観ての感想・レビュー

【監督】蜷川実花【出演】小栗旬/宮沢りえ/沢尻エリカ/二階堂ふみ/成田凌/千葉雄大/瀬戸康史/高良健吾/藤原竜也/【個人的評価】★★★☆☆ 【あらすじ】時代は、1964年。主人公 太宰治は、妻と2人の子供がいながらも、静子と関係を持...
【日本映画】

【日本映画】「億男〔2018〕」を観ての感想・レビュー

【監督】大友啓史【出演】佐藤健/高橋一生/黒木華/池田エライザ/沢尻エリカ/北村一輝/藤原竜也【個人的評価】★★★☆☆ 【あらすじ】主人公 一男は、兄の借金3000万円を肩代わりしたことで、妻と別居となり、昼は図書館司書、夜はパン...
【日本映画】

【日本映画】「食べる女〔2018〕」を観ての感想・レビュー

【監督】生野慈朗【原作】筒井ともみ【出演】小泉今日子/沢尻エリカ/前田敦子/広瀬アリス/山田優/壇蜜/シャーロット・ケイト・フォックス/鈴木京香【個人的評価】★★★★☆ 【あらすじ】主人公 敦子(小泉今日子)は、古本屋を経営しながら...
【日本映画】

【日本映画】「猫は抱くもの〔2018〕」を観ての感想・レビュー

主人公沙織は元アイドルの女性。心を開けるのはロシアンブルーの猫の良男。猫の良男も沙織の人間の恋人だと思っていた。ある日、ゴッホと呼ばれる売れない画家後藤保が現れたことで、生活が一変し始める。
【日本映画】

【日本映画】「不能犯〔2018〕」を観ての感想・レビュー

【あらすじ】変死事件が多発し、その場所には必ず黒いスーツの男がいた。宇相吹正というその人物は「電話ボックスの男」と噂されており、純粋な殺意に満ちた人の希望を叶える。実際に依頼をすると100%事故や自殺などで命を落としていた。 ・都市伝説的な依頼方法で、どこからともなく現れる黒スーツの男。基本的に手出しをせず、プラシーボ効果により、標的を殺害する。黒いスーツの男は松坂桃李が演じており、爽やかなイメージとは裏腹に殺し屋的イメージで存在感がある。
タイトルとURLをコピーしました