【日本映画】「猫は抱くもの〔2018〕」を観ての感想・レビュー

【監督】
【出演】
【個人的評価】

【あらすじ】主人公沙織は元アイドルの女性。心を開けるのはロシアンブルーの猫の良男。猫の良男も沙織の人間の恋人だと思っていた。ある日、ゴッホと呼ばれる売れない画家後藤保が現れたことで、生活が一変し始める。

猫は抱くもの

愛らしいという印象も擬人化という点が妙に邪魔をしてしまった印象

・犬童一心監督の一風変わった猫と人間の関わりを描いた成長物語です。

・要所要所で変わった演出が行われ、映画でありながらも、舞台演出のように書き割りを使った演出があります。

・普通の映画を想像しているとちょっと戸惑います。

・登場する猫も擬人化されているシーンが多く、想像力で保管しながら観る必要があります。

・主人公沙織を演じる沢尻エリカは無味無臭のキャラクターだけに、そのほかの登場人物(猫も)に癖のある役者が多く出ています。

・ゴッホ役の峯田和伸や水曜日のカンパネラのコムアイが出演しているなど、癖のあるミュージシャンが関わっています。

・全般的に野心的な演出があるものの、主人公の色があまりにも薄く感情移入のしずらさと、ストーリー展開の平坦さに退屈さはあります。

・自ら置かれた環境を受け入れ、自信を取り戻すところがありますが、こちらもピンとこないところは、一種、舞台演出を取り入れてしまっているところにあると思われ、始終、浮ついた展開で落ち着かなかったところが残念です。

・猫映画と観ることもできますが、愛らしいという印象も擬人化という点が妙に邪魔をしてしまった印象があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です