【今週公開の新作映画】「ミッシング(2024)」が気になる。

【監督】
【出演】/青木崇高/

【あらすじ】主人公 沙織里は、娘の美羽が突然いなくなってしまう事件に遭う。懸命な捜索の中、3ヶ月経っても見つからず、次第に世間の話題からもなくなってしまうが、唯一、力になってくれるテレビ局の記者 砂田がいた。

「監督自身のキャリアの中で最も覚悟のいる作品」とも語っているところもあり

吉田恵輔監督は、学生時代から自主映画を制作し、2006年『なま夏』で映画監督デビューをしています。2008年に小説『純喫茶磯辺』を発表し、映画化も行っています。「ヒメアノ~ル」「犬猿」「純喫茶磯辺」を制作しており、独特の世界観と演出に定評があります。

石原さとみは、2002年「ホ・ギ・ラ・ラ」で映画初出演していますが、2003年『わたしのグランパ』より、石原さとみと芸名を変えています。その後、テレビドラマに数多く出演し、2005年NHK大河ドラマ『義経』では、静御前役として出演しています。 映画よりもテレビドラマでの出演が多く、2018年「アンナチュラル」では高い評価を得ています。

物語は、突然娘がいなくなってしまった主人公の母が、懸命に捜索をするも、見つからず、力になってくれるテレビ局の記者とともに捜索を続けるが、その記者もまた、テレビ局の上層部から視聴率のために取材をする命令がくだる。

本作は、吉田恵輔監督のオリジナル脚本の作品です。

吉田恵輔監督は過去作品でもオリジナル脚本の作品を手掛けていることもあり、本作では、どのような物語になっているのか、興味があるところです。

いなくなった娘を探すというところではありますが、SNSやマスコミの報道、夫婦間の関係などさまざまな問題を描いており、ドラマ性の高そうな内容です。

母親役を石原さとみを演じていますが、過去にも母親役を演じてきているところでもあり、本作でも絶妙な役どころで演じているのかと思います。

𠮷田恵輔が、「監督自身のキャリアの中で最も覚悟のいる作品」とも語っているところもあり、完成度の高さが伺えます。

個人的に勝手に思う関連作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です