【今週公開の新作映画】「ぜんぶ、ボクのせい〔2022〕」が気になる。

[PR]
【今週公開の新作映画】
【今週公開の新作映画】
この記事は約3分で読めます。
[PR]

【監督】
【出演】/仲野

【あらすじ】主人公 優太は、児童養護施設で母の迎えを待っていたが、ある日、母の居場所を知る。施設を抜け出して母に会いに行くも、そこには同居男性に依存した自堕落な母だった。

映画『ぜんぶ、ボクのせい』公式サイト
松本優作監督最新作 主演:白鳥晴都、川島鈴遥、オダギリジョーほか エンディング・テーマは大滝詠一「夢で逢えたら」8/11(木・祝) 新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショー

松本優作監督のオリジナル脚本というところでもあり、どういう結末に導いていくのかが気になるところ

・松本優作監督は、2019年「Noise ノイズ」で自主映画として長編映画監督デビューをし、高い評価を得ています。その後、短編映画「日本製造/メイド・イン・ジャパン」でも多くの賞を受賞し、2022年「ぜんぶ、ボクのせい」で商業映画監督デビューをしています。

は、2022年「とんび」で映画デビューをし、映画出演2作目「ぜんぶ、ボクのせい」で主演を演じています。テレビや映画で活躍している俳優で、今後の活躍が期待できます。

・川島鈴遥は、2010年『特上カバチ!!』でドラマデビューをし、映画やテレビで活躍をしています。

・松本まりかは、2000年テレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー、『FINAL FANTASY X』のリュック役など声優としても活躍しています。

・物語は、児童養護施設で生活をする主人公が、ある日母親の居場所を知り、会いに行くも、想像とは違った母親がいたことで失望してしまい、孤独を抱える他の人と出会ったことで、自分自身を見直していくストーリーです。

・社会問題を取り上げているように見えながらも、主人公を中心とした希望を描いた作品となっているようです。

・主題歌は、大滝詠一「夢で逢えたら」となっており、意外と本作の内容とマッチしていない気もしますが、ラストに彩りを添える重要なファクターとなっているようで、この選曲は仕組まれた曲なのかと思われます。

・題名が「ぜんぶ、ボクのせい」というところから、自傷的な印象も受けますが、松本優作監督のオリジナル脚本というところでもあり、どういう結末に導いていくのかが気になるところです。

個人的に勝手に思う関連作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました