【洋画】「ティル・デス〔2022〕」を観ての感想・レビュー

[PR]
【洋画】
【洋画】★★★☆☆
この記事は約3分で読めます。
[PR]

【監督】
【出演】

【個人的評価】

【あらすじ】主人公 エマは、マークと結婚していながらも、仮面夫婦として過ごしており、エマは、トムと不倫関係を続けていた。マークから結婚記念日に別荘でのバカンスに誘われる。

この境遇に巻き込まれるのは勘弁してほしいので、感情移入はしないほうが良いです

監督は、オーストラリアの監督で、2018年「THE COATMAKER」の短編映画で評価され、2022年「ティル・デス」で長編映画監督デビューをしています。今後の期待できる監督です。

・ミーガン・フォックスは、アメリカの女優で、2007年『トランスフォーマー』で注目され、その後、TVや映画で活躍しています。韓国映画にも出演しており、国際的な女優として活躍しています。

・カラン・マルヴェイは、TVドラマで活躍後、2012年『ゼロ・ダーク・サーティ』で映画デビューをしています。その後、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『/エンドゲーム』に出演しており、幅広い活躍をしています。

・物語は、冷え切った関係の夫婦が、結婚記念日に別荘に行くが、夫のマークは自殺をしてしまい、そのことで、エマに様々なトラブルが起こるストーリーです。

・序盤から、エマの不倫が描かれますが、その関係を断ち切る決断をしています。そして、彼女の普段の生活が描かれます。

・エマは、夫のマークとレイクハウスに訪れますが、そこで、再び昔のような関係で夜を過ごしますが、その翌朝にトラブルが起こります。

・「起きる時間だ」

・ここから物語が始まるような感じです。

・自動車の中にその行動に対するメッセージが残されていますが、徐々に今回の事件がマークの仕掛けたことだとわかり始めます。

・エマとマークの夫婦、不倫相手のトム、突然押しかけてくる強盗の登場人物なので、相関関係はとてもシンプルであり、状況がレイクハウスの周辺のみで展開されるので、とてもわかりやすいです。

・「全部お前のせいだ」

・雪山のレイクハウスでこんなことを言われますが、別に、胸キュン展開はありません。

・「二人が死を別かつまで」というキーワードがあり、この事を徹底しているのかとも思います。

・予告編を必ず観てから観るほうが、「どうなるんだ?」という興味に惹かれるので、そのまま、サクッと91分で観られます。

・シンプルにまとまっているのですが、この境遇に巻き込まれるのは勘弁してほしいので、感情移入はしないほうが良いです。

ティル・デス(Blu-ray+DVDセット)

ティル・デス(Blu-ray+DVDセット)

ミーガン・フォックス, オーエン・マッケン, カラン・マルヴェイ, ジャック・ロス
4,293円(02/09 19:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
ティル・デス(吹替版)

ティル・デス(吹替版)

ミーガン・フォックス, オーエン・マッケン, カラン・マルヴェイ, ジャック・ロス
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました