【洋画】「スイス・アーミー・マン〔2016〕」を観ての感想・レビュー

【監督】
【出演】
【個人的評価】

【あらすじ】無人島に流れ着いた主人公ハンクは絶望から首吊り自殺をしようとしていた。その時、浜辺に打ち上げられていた死体を発見した。死体を蘇生させようとしたけど、その甲斐もなく、徒労に終わる。死体はガスが溜まっていて、海に浮かぶことができた。体内から出るガスを利用してまるでモーターボートのように沖合に出て死体とともに無人島を脱出する。

見る人を選ぶ映画ではありますが、疲れているときに観ると、より脱力感を感じてしまえると思う

ハリーポッターのダニエルラドクリフが死体役として出演。

大ヒット作を持つ宿命ながら印象がハリーポッターから抜け出ないダニエルラドクリフが、死体役という突飛な役どころで、新しいキャリアの幅を広げた作品に思う。

さて、この題名は、いわゆる十得ナイフである、スイスのアーミーナイフを元に付けられている。

当然この死体役がこの映画のキーで、タイトルが出るシーンの「海を死体にまたがり、ガス(おなら)の勢いで疾走する」

この見た目のインパクトで全てが許されてしまうほど、衝撃的かつ笑撃的な映画である。

他にも、方位磁石になったり、シャベルになったり、むしろ喋ったりと、もう中盤から死体の域を超えてしまうシュールさがある。

無人島の脱出から生還まで、奇想天外すぎるこの死体とのコンビは、理解が追いつけないほどにおかしい。

そして最後はそんな不条理な展開をひっくり返すホロリとするところもあり、生きることの素晴らしさを見せるようなそんなお話。

見る人を選ぶ映画ではありますが、疲れているときに観ると、より脱力感を感じてしまえると思う。

決して気軽にオススメはしないけど、観ることで何か得られるものがあるかもしれない。

スイス・アーミー・マン(字幕版)

スイス・アーミー・マン(字幕版)

ダニエル・ラドクリフ, ポール・ダノ, メ
Amazonの情報を掲載しています
スイス・アーミー・マン Blu-ray

スイス・アーミー・マン Blu-ray

ダニエル・ラドクリフ, ポール・ダノ
5,170円(07/22 16:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です