【洋画】「フレンチ・ラン〔2017〕」を観ての感想・レビュー

【監督】
【出演】/ケリー・ライリー/ジョゼ・ガルシア/
【個人的評価】

【あらすじ】主人公 プライアーはCIA捜査官ながらも、問題ある行動が多く、フランス パリで捜査をする任務につく。パリ市街で発生した爆弾テロの容疑者マイケルを捉えるが、マイケル自体に濡れ衣がかけられていることを感じて、ともに捜査を始める。

フレンチ・ラン(吹替版)

フレンチ・ラン(吹替版)

イドリス・エルバ, リチャード・マッデン, シャルロット・ルボン, ケリー・ライリー, ジョゼ・ガルシア, ティエリ・ゴダール
Amazonの情報を掲載しています
フレンチ・ラン(字幕版)

フレンチ・ラン(字幕版)

イドリス・エルバ, リチャード・マッデン, シャルロット・ルボン, ケリー・ライリー, ジョゼ・ガルシア, ティエリ・ゴダール
Amazonの情報を掲載しています
フレンチ・ラン(字幕版)

フレンチ・ラン(字幕版)

イドリス・エルバ, リチャード・マッデン, シャルロット・ルボン, ケリー・ライリー, ジョゼ・ガルシア, ティエリ・ゴダール
Amazonの情報を掲載しています
フレンチ・ラン(字幕版)

フレンチ・ラン(字幕版)

イドリス・エルバ, リチャード・マッデン, シャルロット・ルボン, ケリー・ライリー, ジョゼ・ガルシア, ティエリ・ゴダール
Amazonの情報を掲載しています

テンポよくストーリーが展開していくので、サクッと観られる作品

・ジェームズ・ワトキンス監督は、イギリスの映画監督で、2009年「バイオレンス・レイク」で映画監督デビューしています。

・イドリス・エルバは、イギリスの俳優で、1999年「Belle maman」で映画デビューをし、その後、コンスタントに映画に出演し、テレビや映画で活躍しています。

・物語は、問題のあるCIAの捜査官とスリで生活をしているマイケルがとあることからコンビを組み、テロ事件の犯人を捜索していくすストーリーです。

・序盤からフランスのサクレ・クール寺院の前で女性が全裸で歩いている姿が描かれ、そこでスリをしている男性が現れます。

・この女性と男性はグルで、300ユーロでモデルを引き受けていたことがわかります。

・そこからCIA捜査官が登場し、色々と問題のある捜査官であることが描かれ、主人公のブライヤーの素性がわかります。

・その後は、プライアーとマイケルのバディもののアクションとなります。

・物語自体は、序盤が多少何をやっているのかわかりにくいところがありますが、2人の背景を示しながら展開しなくてはならない点を考えれば、仕方のないところでもあります。

・それ以外の部分では、テンポよくストーリーが展開していくので、サクッと観られる作品でもあります。

フレンチ・ラン(吹替版)

フレンチ・ラン(吹替版)

イドリス・エルバ, リチャード・マッデン, シャルロット・ルボン, ケリー・ライリー, ジョゼ・ガルシア, ティエリ・ゴダール
Amazonの情報を掲載しています
フレンチ・ラン [DVD]

フレンチ・ラン [DVD]

イドリス・エルバ, リチャード・マッデン, シャルロット・ルボン, ケリー・ライリー, ジョゼ・ガルシア, ティエリ・ゴダール
945円(06/19 13:52時点)
Amazonの情報を掲載しています
チキンラン (吹替版)

チキンラン (吹替版)

メル・ギブソン, ジュリア・サワラ, ミランダ・リチャードソン, ジェーン・ホロックス, リン・ファーガソン, イメルダ・スタウントン, ベンジャミン・ホイットロー, トニー・ヘイガース, ティモシー・スポール, フィル・ダニエルズ
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です