【洋画】「ドミノ(2023)」を観ての感想・レビュー

【監督】
【出演】ベン・アフレック/アリシー・ブラガ/
【個人的評価】★★★☆☆

【あらすじ】主人公ロークは、刑事をしている男性。ある日、一瞬目を離した隙に娘が行方不明となってしまう。一時期、刑事を休職すらしていたが、正気を保つために復職する。銀行強盗のタレコミがあり、現場に向かうが、そこで娘の行方を知っているであろう男性に出会うが、その男には重要な秘密あった。

ドミノ

ドミノ

ベン・アフレック, アリシー・ブラガ, J・D・パルド, ジャッキー・アール・ヘイリー, ウィリアム・フィクナー
Amazonの情報を掲載しています

いつもながらの、ロバート・ロドリゲス監督のまとめ方となってもいます

ロバート・ロドリゲス監督は、1992年『エル・マリアッチ』を製作費7,000ドルで製作し、話題となります。その後、リメイクとして、1995年『デスペラード』を1,000倍の予算で製作し、
一躍有名監督となります。『スパイキッズ』三部作や『シン・シティ』など独特なテイストの作品を制作しており、とも共同制作をしている場合もあり、独特なアクション作品を得意とする監督です。

ベンアフレックは、1997年の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」での脚本賞受賞をきっかけに映画製作にも本格的携わり、監督3作品目にして栄誉を獲得しています。一時期はキャリアが低迷した時期もありましたが、見事なまでに復活をしました。

物語は、娘が行方不明になってしまった主人公が、絶望の末に、刑事の職に復職し、とある事件で、娘の行方を知っているであろう男性に出会うが、その男性は絶対に捕まらない男だったというストーリーです。

序盤から、とある部屋で娘のことについて事情聴取されているシーンからの始まります。

その後、銀行襲撃事件が発生し、貸金庫からとあるものを奪われます。犯人とその周辺の人物は周到に計画されていたようでもあり、犯人の一味もどこかマインドコントロールされているような印象を受けます。

黒幕とも思われる人物が現れますが、追い詰めることはできながらも、寸前で逃げられてしまします。

「あなたがやったの?」

本作は、SF要素のある物語であり、中盤までは、その核心がよくわからないところとなります。

中盤で徐々に本作の背景がわかってきますが、わかりやすく言えば、「トータル・リコール」や「テネット」のようなところがあり、SF要素のつ用意展開となります。

ロバート・ロドリゲス監督作品であれば、ちょっとズレたところがかっこいいアクション映画が多いのですが、本作は、アクションというよりもSF要素で物語を展開する内容で、どうしてもB級映画的な展開となってきます。

複雑そうな構成ですが、本作の原題は、「Hypnotic」となっており、意味は催眠術となります。タイトルでネタバレしているところもありますが、本作の内容はタイトル通りで説明はできます。

予告編の時点では、ロバート・ロドリゲス監督作品の名作のように見えますが、いつもながらの、ロバート・ロドリゲス監督のまとめ方となってもいます。

ドミノ

ドミノ

ベン・アフレック, アリシー・ブラガ, J・D・パルド, ジャッキー・アール・ヘイリー, ウィリアム・フィクナー
Amazonの情報を掲載しています
ドミノ (字幕版)

ドミノ (字幕版)

キーラ・ナイトレイ, ミッキー・ローク, エドガー・ラミレスデル, ロイ・リンドー, ミーナ・スヴァーリ, ルーシー・リュー
Amazonの情報を掲載しています
木製 ドミノ (100個入り!)(ビーチ材)(日本製)

木製 ドミノ (100個入り!)(ビーチ材)(日本製)

2,300円(06/19 13:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
富野に訊け!! (アニメージュ文庫)

富野に訊け!! (アニメージュ文庫)

富野由悠季
713円(06/19 13:39時点)
発売日: 2010/02/28
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です