【洋画】「ぼく モグラ キツネ 馬(2023)」を観ての感想・レビュー

【監督】ピーター・ベイントン
【原作】チャーリー・マッケジー
【出演】ジュード・カワード・ニコル/ガブリエル・バー/
【個人的評価】

【あらすじ】主人公の少年は、雪の大地に佇み、そこで出会ったもぐらとともに、川をたどって家に帰ろうとする。

結局のところ児童文学的な内容と展開であり、細かい描写を見るよりもサクッと絵本を見るような内容

ピーター・ベイントン監督は、2007年「Over the Hill」で短編アニメ映画監督デビューをし、その後、ビデオ作品等を手掛けています。2023年「ぼく モグラ キツネ 馬」では、第95回アカデミー賞で短編アニメーション賞を受賞しています。

ジュード・カワード・ニコルは、2019年「The Lost Sock」で俳優デビューをしています。2023年「ぼく モグラ キツネ 馬」で声優にも挑戦をしています。

第95回アカデミー賞短編アニメ賞や第76回英国アカデミー賞、英国短編アニメーション賞を受賞しています。

物語は、主人公の少年が、家に帰る旅路の中で、もぐらやキツネ、馬と出会い、交流をしながら家に帰るストーリーです。

序盤から、雪の降る大地にいる少年とモグラの出会いから始まります。

少年は迷子であり、もぐらと共に家に帰ろうとしていきます。

全編アニメーションとなっていますが、独特な絵柄と動きとなっていますが、この独特な感じは本作ならではな感じがあります。

もぐらと共に家に帰る中、キツネと出会い、罠にかかったキツネとも出会います。

もぐらと少年のふれあいを元に物語が進んでいきますが、登場キャラクターも少なく、この世界観にのめり込みやすい構成となっています。

古いディズニー系のアニメのようにも見えますが、シンプルでなんとなく懐かしい感じのある絵柄と内容です。

題名が示す通り、少年とモグラとキツネと馬が登場し、そのふれあいで物語が展開します。

中盤でその1人と3匹の旅になりますが、悲壮感もなく、淡々と物語が進みます。

難点を言ってしまえば、食事をしているところがなく、何も食べずに家に戻ろうとする展開には、違和感を感じます。

結局のところ児童文学的な内容と展開であり、細かい描写を見るよりもサクッと絵本を見るような内容です。

元々、ベストセラー絵本を原作としているので、当然のところではあります。

本作をみて興味が湧いた場合は、絵本を見ることも良いのかもしれません。

「家って場所とは限らない。でしょ。」

ぼく モグラ キツネ 馬

ぼく モグラ キツネ 馬

チャーリー・マッケジー
1,051円(07/16 17:41時点)
発売日: 2021/03/17
Amazonの情報を掲載しています
ぼく モグラ キツネ 馬 アニメーション・ストーリー

ぼく モグラ キツネ 馬 アニメーション・ストーリー

チャーリー・マッケジー
2,640円(07/16 17:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
The Boy, the Mole, the Fox and the Horse: The Animated Story

The Boy, the Mole, the Fox and the Horse: The Animated Story

Mackesy, Charlie
2,524円(07/16 17:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
男の子、モル、キツネと馬。

男の子、モル、キツネと馬。

Charlie Mackesy
2,287円(07/16 17:42時点)
Amazonの情報を掲載しています
The Boy, The Mole, The Fox and The Horse (English Edition)

The Boy, The Mole, The Fox and The Horse (English Edition)

Mackesy, Charlie
1,900円(07/16 17:42時点)
発売日: 2019/10/10
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です