【今週公開の新作映画】「千夜、一夜〔2022〕」が気になる。

[PR]
【今週公開の新作映画】
【今週公開の新作映画】
この記事は約3分で読めます。
[PR]

【監督】
【出演】

【あらすじ】主人公 登美⼦は、離島の港町に住む女性。夫の諭が30年前に姿を消したが、その帰りを登美⼦は待っていた。

映画『千夜、一夜』公式サイト
北の離島で最愛の人の帰りを「待つ女」たちの人生が交差する――主演:田中裕子、尾野真千子、安藤政信/ダンカン 10月7日(金)テアトル新宿、シネスイッチ銀座ほか全国公開
[PR]

本作の制作には8年の年月がかけられているそうです

・久保田直監督は、ドキュメンタリー作品の制作をテレビ等で行い、世界の8人のドキュメンタリストに選出されるほどの評価を得ています。2014年「家路」で映画監督デビューをし、非常に高い評価を得ています。

・田中裕子は、1979年『マー姉ちゃん』で俳優デビューをし、1981年『ええじゃないか』『北斎漫画』で高い評価を得ています。その後、1983年「おしん」で主演を演じています。ふわっとした外見ながら、しっかりと筋の通った役柄が多く、メリハリの効いた演技のできる女優です。

・尾野真千子は、14歳のときに映画監督の目に止まり、1997年「萌の朱雀」で映画主演でデビューしています。その後、様々な作品で活躍しています。

・物語は、30年前に失踪した夫を待ち続ける主人公は離島の港町に住んでいた。ある日、2年前に夫が失踪した女性と出会い、同じ境遇の彼女とともに、待ち続ける理由と疾走した理由を考えるストーリーです。

・ドキュメンタリーの手法で作品を制作する久保田直監督の作風ではあるので、本作もその手法が取られているかと思います。

・ただし、監督自身は、創作映画をドキュメンタリーとして受け取られるのに困惑しているようで、創作映画とドキュメンタリーとはアプローチを変えて制作しているそうです。

・本作の制作には8年の年月がかけられているそうです。

・舞台となる場所は、佐渡島だそうです。

・日本では、年間8万人の失踪者がいるそうで、それぞれに様々な理由があると思いますが、残された人々はどういう境遇となるのか?ということから本作の制作に至っているそうです。

個人的に勝手に思う関連作品

コメント