【今週公開の新作映画】「川っぺりムコリッタ〔2022〕」が気になる。

【今週公開の新作映画】
【今週公開の新作映画】

【監督】荻上直子
【出演】松山ケンイチ/ムロツヨシ/満島ひかり/吉岡秀隆/江口のりこ/柄本佑/田中美佐子/緒形直人/黒田大輔/知久寿焼/

【あらすじ】主人公 山田は、北陸の小さな町で塩辛工場の仕事に就き、古い安アパート「ハイツムコリッタ」で生活を始める。ひっそりと暮らそうとしていたところに、周囲の住人と関わりが始まり、住人と交流が始まる。

映画『川っぺりムコリッタ』|2022年9月16日(金)全国ロードショー
『かもめ食堂』荻上直子監督×松山ケンイチ×ムロツヨシ×満島ひかりが贈る、「おいしい食」と「心をほぐす幸せ」。

・荻上直子監督は、1994年に渡米し、映画を学び、帰国後、2001年『星ノくん・夢ノくん』で自主映画を制作しています。その後、2003年『バーバー吉野』で長編映画監督デビューをし、2006年『かもめ食堂』で高い評価を得ています。出産を経て、2017年『彼らが本気で編むときは、』で映画監督に復帰をし、以降、コンスタントに作品を発表しています。
・松山ケンイチは、2001年にオーディションに合格しモデルデビューをしています。その後、2002年『ごくせん(第1シリーズ)』でテレビドラマデビューをし、2003年『アカルイミライ』で映画初出演をしています。役作りにこだわりのある俳優です。
・ムロツヨシは、大学時代に舞台でみた段田安則の演技に感銘を受け、役者を志し、劇団で舞台活動を始めます。2005年『サマータイムマシン・ブルース』で映画に初出演し、その後、テレビや映画、舞台で活躍しています。芸名のムロツヨシに姓名の区別はないとのことです。コント番組などにも出演し、器用なところもあり、「勇者ヨシヒコシリーズ」でも印象ある役をこなしています。2021年「マイ・ダディ」では、映画初主演をしており、今後のさらなる活躍が期待できる俳優です。
・物語は、小さな町の工場に仕事を見つけた主人公が、安アパートに住みながらひっそりと暮らそうとしていたところ、住人たちとの関わりが始まり、徐々に主人公の状況が変わっていくストーリーです。
・原作は、2019年に荻上直子監督が書いた小説です。
・「ムコリッタ(牟呼栗多)」とは、仏教の時間の単位を示しており、「1/30日=48分」という時間となります。この時間にささやかな幸せを見出すという意味があります。
・主人公にはとある秘密があるような設定っぽいですが、なんとなく予告を見ているだけでは、重たいストーリーではなく、人間模様を描いたドラマのように思います。
・主要な出演者が皆、主役をこなすほどの存在感のある俳優が多く、とはいえ、脇役でもきっちりと存在感を示すようなところがあり、出演者たちには全く不安要素を感じません。
・さらに、荻上直子監督の演出もあり、独特な雰囲気で展開する物語に期待できます。
・なお、制作に「竹内力」がいますが、多分、同名の別人なのかも、と一瞬思いますが、制作会社が「RIKIプロジェクト」でもあり、あの「竹内力」で間違いないです。
・「竹内力」のキャラクターの印象が強いですが、「RIKIプロジェクト」の関わる映画作品は、意外としっかりとした映画が多いです。

・個人的に勝手に思う関連作品

タイトルとURLをコピーしました