【映画まとめ】2021年にロクカジョウが観た映画のおすすめのまとめ15選

【映画まとめ】
【映画まとめ】

2021年は、新型コロナウィルスの影響も引き続き続いていましたが、一番気になったのは、ハリウッド大作が軒並み上映延期となり、また、あまりうかつに劇場にも行けないなぁという中で、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」だけはなんとか観に行けました。2022年は、徐々に延期となった映画が公開されるのかとは思いますが、実写が撮れなくて、アニメや邦画に偏ってしまうのはなんとも寂しい気もします。

—–

f:id:rokukajo:20211231184156j:plain

【日本映画】「花束みたいな恋をした〔2020〕」

【監督】土井裕泰
【出演】菅田将暉/有村架純/清原果耶/細田佳央太/オダギリジョー/戸田恵子/岩松了/
【個人的評価】★★★★☆

【ポイント】サブカルネタ、あるあるネタを散りばめながらも、実は画期的なラブストーリーを構築していたという作品。恋愛の始まりと終わりに関して、浮気や恋敵が登場しないところもアプローチが根本的に違うように思います。

—–

f:id:rokukajo:20211231184227j:plain

【日本映画】「チチを撮りに 〔2013〕」
【監督】中野量太
【出演】柳英里紗/松原菜野花/渡辺真起子/滝藤賢一/
【個人的評価】★★★★☆

【ポイント】家族を描くことで、名作を残す中野監督の長編初監督作品。何が凄いかって言えば、引用の散りばめ方が綿密に仕組まれているところでもあります。

—–

f:id:rokukajo:20211231184321j:plain

【日本映画】「すばらしき世界〔2021〕」

【監督】西川美和
【出演】役所広司/仲野太賀/六角精児/北村有起哉/白竜/キムラ緑子/長澤まさみ/安田成美/梶芽衣子/橋爪功/
【個人的評価】★★★★☆

【ポイント】一人のヤクザが、時間と社会との関係を失い、その中で再度、社会で生活していくことの難しさと、生活するにおける常識的な観念をきっちりと描いた作品。

—–

f:id:rokukajo:20211231184357j:plain

【洋画】「ファーザー〔2021〕」

【監督】フロリアン・ゼレール?
【出演】アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン/マーク・ゲイティス/イモージェン・プーツ/
【個人的評価】★★★★☆

【ポイント】アンソニー・ホプキンスの凄さが非常に自然に描かれつつも、その認知症という影響を、観ている側にもわかりやすく演出されている点は、素晴らしいの一言。

—–

f:id:rokukajo:20211231184431j:plain

【日本映画】「僕の好きな女の子〔2020〕」

【監督】玉田真也
【原作】又吉直樹
【出演】渡辺大知/奈緒/山科圭太/野田慈伸/前原瑞樹/萩原みのり/後藤淳平/福徳秀介/たくませいこ/児玉智洋/
【個人的評価】★★★★☆

【ポイント】飛び抜けた作品が少なかった2021年ですが、この作品が個人的な2021年ベストの作品かもしれません。素晴らしいと言えるのは、時間軸と演出のトリックがあり、会話で成り立っている作品ではありますが、この会話の妙が実に巧妙であるということです。

—–

その他に、2021年に鑑賞してよかった映画作品

海辺の金魚
くれなずめ
シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
ロックダウン
あの頃。
ストレイ・ドッグ
浅田家!
ドロステのはてで僕ら
スキャンダル
プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

タイトルとURLをコピーしました