【映画まとめ】ミュージカル要素で完成度の高い映画 5選

歌とダンスの組み合わせった映画は結構ありますが、組み合わせ方で駄作だったり、傑作だったりと、明暗は結構別れます。その理由は単純に音と映像がシンクロしているかどうかにかかかってくるのかと思います。

【映画】「グレイテスト・ショーマン〔2017〕」

f:id:rokukajo:20200101175907j:plain

【監督】マイケル・グレイシー
【出演】
【個人的評価】

【ポイント】多数のダンスシーンがありますが、多くがスマートで、音とのシンクロがピタッとしていて気持ちが良いです。

【映画】「ラ・ラ・ランド〔2016〕」

f:id:rokukajo:20200101175942j:plain

【監督】デミアン・チャゼル
【出演】 ライアン・ゴズリング//ジョン・レジェンド/ローズマリー・デウィット/J・K・シモンズ
【個人的評価】★★★★★

【ポイント】やはり、オープニングの高速道路のシーンは圧倒されます。この撮影は本物の高速道路を止めて制作していることもあり、綿密な構成の上で成り立っていることがわかります。

【映画】「アーティスト〔2011〕」

f:id:rokukajo:20200101180019j:plain

【監督】
【出演】ジャン・デュジャルダン/ベレニス・ベジョ
【個人的評価】★★★★☆

【ポイント】アカデミー作品賞を受賞をしていますが、やはりクライマックスのダンスにはちょっと涙してしまいます。

【日本映画】「ダンスウィズミー〔2019〕」

f:id:rokukajo:20200101180052j:plain

【監督】
【出演】三吉彩花//chay/三浦貴大
【個人的評価】★★★★☆

【ポイント】ダンス自体が楽しいようにしか見えないところがよく、手足の長さがさらにそれを強調しています。

【映画】「チャーリーとチョコレート工場 〔2005〕」

f:id:rokukajo:20200101180111j:plain

【監督】ティム・バートン
【出演】/ジョニー・デップ
【個人的評価】★★★☆☆

【ポイント】ダンスというダンスではないようにも思いますが、これはこれで気になる演出ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です