【今週公開の新作映画】「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章(2024)」が気になる。

【監督】黒川智之
【声の出演】/和氣あず未//坂泰斗/諏訪部順一/

【あらすじ】主人公 小山門出と中川凰蘭の2人は何気ない学校生活を送っている女子高生。東京に巨大宇宙船が飛来したことで、世界が終焉を迎えるように思えたが・・・。

原作が浅野いにおの作品なので、この点で言えば、作風にはさほど影響しない

黒川智之監督は、アニメ制作として、様々な作品で絵コンテや演出を務め、2022年「ぼくらのよあけ」など映画監督もしている監督です。

幾田りらは、2017年にアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」に参加し、YouTubeで動画配信をしています。その後、2019年にボーカロイドプロデューサーのAyaseと「YOASOBI」を結成し、数々のヒット曲を発表しています。

あのは、2013年、ゆるめるモ!に第3期生として加入し、その後脱退、2020年よりano名義で音楽活動を始め、2023年『ちゅ、多様性。』のヒットにより『第74回NHK紅白歌合戦』にも出演しています。独特な完成を持つをアーティストです。

本作の原作は、2014年に発表した、の漫画となり、4作目の長編漫画となっています。2022年に完結をしています。

物語は、宇宙から襲来した宇宙船が東京上空にある世界で、普通の女子高生が青春を謳歌していくストーリーです。

本作は、前章と後章の2編に分かれており、後章は2024年5月に公開予定です。

主題歌は、前章ano feat. 幾田りら「絶絶絶絶対聖域」、後章幾田りら feat. ano「青春謳歌」となっています。

浅野いにお原作の漫画の映画化でもあり、過去には「ソラニン」「うみべの女の子」「零落」などが映画化されており、意外と実写映画と相性が良いような気もします。

幾田りらとあのが声優をしていますが、いずれも異業種からの声優ということもあり、なんとなく不安に思いますが、原作が浅野いにおの作品なので、この点で言えば、作風にはさほど影響しないのかなぁと思います。

なお、本作の結末は、浅野いにおの描き下ろしのオリジナルの展開となっているようです。

個人的に勝手に思う関連作品/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です