【今週公開の新作映画】「渇水(2023)」が気になる。

【監督】高橋正弥
【出演】/門脇麦//尾野真千子//吉澤健/

【あらすじ】主人公 岩切俊作は、水道局に勤める青年。水道料金を滞納している家庭や店舗を回り、料金徴収をしているが、貧しい家庭を訪問する日々の中、自分自身の心の乾きにもがく。

地味そうな物語でもありますが、この地味な視点がむしろ非常に気になる作品

・高橋正弥監督は、様々な監督の助監督を務め、2022年「RED HARP BLUES」で監督デビューをしています。2023年「渇水」では、13年越しの企画を実現し、映像化しています。

・生田斗真は、11歳よりジャニーズJr.として活動を開始し、NHK教育『天才てれびくん』に、てれび戦士として出演しています。その後、1997年NHK連続テレビ小説『あぐり』で俳優デビューをし、松本潤、相葉雅紀、とジャニーズJr.内ユニット・MAINも結成していたが、1999年、嵐のメンバーには選ばれず、俳優に重きを置いた活動をする異色のジャニーズとも言われています。

・門脇麦は、ニューヨーク生まれの東京育ちで、の作品を観て、役者を志しています。一癖ある映画に数多く出演しており、個性的な若手女優としては、個人的に非常にツボな役者です。

・物語は、水道局に勤める主人公が、水道料金の徴収に家庭や会社を周り、自分自身の境遇とせめぎ合いながら日々を過ごしていくストーリーです。

・本作のプロデュースは、白石和彌監督が初めててがけています。

・音楽は、ZAZEN BOYSの向井秀徳です。

・原作は、第103回芥川賞候補になった河林満原作の小説です。

・主人公が水道局の「停水執行」業務をしている青年で、意外な主人公と設定が興味深いです。

・水道局の主人公が行うのは、水道料金の徴収であり、滞納している人には「停水執行」を行わなければならない、水を取り扱うテーマとなります。

・題名が「渇水」ということもあり、人が生きていく上で必要な水を、様々な視点の切り口で比喩的な題名となっています。

・地味そうな物語でもありますが、この地味な視点がむしろ非常に気になる作品です。

個人的に勝手に思う関連作品

https://6kajo.com/2022/08/post-24789/
https://6kajo.com/2020/08/post-14837/
https://6kajo.com/2020/08/post-14837/
https://6kajo.com/2021/11/post-14254/
https://6kajo.com/2020/01/20200107-1578348000/
https://6kajo.com/2019/11/20191101-1572559200/
https://6kajo.com/2019/07/467643640-html/
https://6kajo.com/2019/01/463771984-html/
https://6kajo.com/2019/05/465485805-html/
https://6kajo.com/2019/05/465885811-html/
https://6kajo.com/2023/04/post-34297/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です