【今週公開の新作映画】「テトリス〔2023〕」が気になる。

【監督】ジョン・S・ベアード
【出演】/山村憲之介//ロジャー・アラム/

【あらすじ】舞台は1988年。主人公 ヘンク・ロジャースはソ連のコンピュータ科学者アレクセイ・パジトノフが手掛けたゲームを知る。「テトリス」を大衆に広めるために奔走するが、東西の国をまたいだトラブルに巻き込まれていく。

ゲーム自体を描いた作品というよりも、その背景に他の要素が込められています。

ジョン・S・ベアード監督は、2003年「It's a Casual Life」で初短編映画を制作し、2008年「Cass」で長編映画監督デビューをしています。2013年「フィルス」で評価を得ています。

タロン・エガートンは、TV番組に出演するようになり、2012年短編映画デビューをしています。その後2015年「キングスマン」に出演をし、その後、数々の作品に出演し、2019年「ロケットマン」で第77回ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞している俳優です。

物語は、1988年、アメリカのセールスマンがソ連にあるゲームを知る。そのゲームをめぐり、東西の国の間でのトラブルに巻き込まれていくストーリーです。

落ちゲーの元祖でもあり、非常にシンプルなゲーム性ながらも奥が深いゲームの映画化ではありますが、ゲーム自体を描いた作品というよりも、その背景に他の要素が込められています。

東西冷戦モノと考えるのも良く、ちょっとしたアクションもあるので見応えがあるように思います。

Apple TV+で配信の作品となります。

実話をモチーフにした作品でもあり、ゲームプログラムと権利争いを描いていると思われます。

個人的に勝手に思う関連作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です