【映画まとめ】大事なことはすべて藤原竜也節が教えてくれるような気がする作品 5選

[PR]
【映画まとめ】
【映画まとめ】
この記事は約3分で読めます。
[PR]

藤原竜也は、1997年に演出の舞台「身毒丸」で主役オーディションで選ばれ、俳優デビューをしています。

2000年「バトル・ロワイアル」で主演に抜擢され、その後テレビや映画だけでなく、舞台など幅広い活躍をしている俳優です。

蜷川演出の舞台で演技を学んだこともあり、独特な演技が特徴的でもあります。むしろ、この演技を観ているだけでも十分に満足できるような雰囲気と存在感があります。

【日本映画】「カイジ ファイナルゲーム 〔2020〕」

【監督】佐藤東弥
【出演】藤原竜也/福士蒼汰/関水渚/新田真剣佑/吉田鋼太郎/
【個人的評価】

【ポイント】やはり、カイジの突き抜けたキャラクター性を藤原流で演じきっているところは、必見となるところです。

【日本映画】「Diner ダイナー〔2019〕」

【監督】蜷川実花
【原作】平山夢明
【出演】藤原竜也/玉城ティナ/窪田正孝//武田真治/斎藤工//小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二/
【個人的評価】★★★☆☆

【ポイント】ちょっとつかみどころが難しいところですが、本作では、別格のキャラクターとして存在しているので、わかりやすいです。

【日本映画】「僕だけがいない街〔2016〕」

【監督】平川雄一朗
【出演】藤原竜也//杉本哲太
【個人的評価】★★★☆☆

【ポイント】ある意味普通な人がちょっとしたトラブルに巻き込まれてしまう展開ではあります。藤原竜也の抑えた演技を楽しむには本作です。

【洋画】「鳩の撃退法〔2021〕」

【監督】タカハタ秀太
【原作】
【出演】藤原竜也//風間俊介/
【個人的評価】★★★☆☆

【ポイント】実は、ちょっとよくわからない物語感もあり、そんなよくわからないところから出てくる藤原節もどこか、妙に伝わらないようで、伝わってくる不思議な作品。

【日本映画】「太陽は動かない〔2021〕」

【監督】羽住英一郎
【原作】
【出演】藤原竜也/竹内涼真/ハン・ヒョジュ//市原隼人//日向亘//八木アリサ/勝野洋/宮崎美子//佐藤浩市/
【個人的評価】★★★☆☆

【ポイント】隠れた名作なんじゃないかと錯覚してしまうところがありますが、不条理なアクション要素から、その不条理さが全然不条理に感じないところがさすが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました