【映画アワード】「第45回日本アカデミー賞〔2022〕」

[PR]
【ニュース】
【ニュース】【雑記】
この記事は約2分で読めます。
[PR]

【発表】2022年3月11日 日本時間 15:00
【会場】グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール

日本アカデミー賞公式サイト
日本アカデミー賞協会の運営する公式サイト。日本アカデミー賞の概要、歴史の他、歴代の全受賞者受賞作品のデータを掲載。

・日本アカデミー賞は、アメリカのアカデミー賞と同様の運営方式の映画業界における映画界のために賞となっています。

・日本アカデミー賞協会は、2019年の時点で焼く3900人の会員がおり、映画事業に3年以上従事していること、運営・実行委員会に認められた者が会員となれます。年会費は2万円となり、会員は、日本アカデミー賞の投票権があります。

・日本アカデミー賞会員は、主要な映画館で映画を無料で見られる会員証が与えられれいます。

・放映権は、日本テレビが所有しており、第一回から一貫して中継を行っています。

・過去に受賞を辞退した人もいます。「黒澤明」「高倉健」「」が該当します。

・第一回日本アカデミー作品賞(1977年)は「幸福の黄色いハンカチ」が受賞しています。

第44回日本アカデミー賞〔2022〕の受賞作品

【最優秀作品賞】『ドライブ・マイ・カー』(
【最優秀アニメーション作品賞】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(
【最優秀監督賞】濱口竜介『ドライブ・マイ・カー』
【最優秀脚本賞】濱口竜介、『ドライブ・マイ・カー』
【最優秀主演男優賞】『ドライブ・マイ・カー』
【最優秀主演女優賞】『花束みたいな恋をした』
【最優秀助演男優賞】『孤狼の血 LEVEL2』
【最優秀助演女優賞 】『護られなかった者たちへ』
【最優秀外国作品賞 】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

コメント

タイトルとURLをコピーしました