【日本映画】「十二人の死にたい子どもたち〔2019〕」を観ての感想・レビュー

[PR]
【日本映画】
【日本映画】★★★★☆
この記事は約4分で読めます。
[PR]

【監督】
【原作】
【出演】
【個人的評価】

【あらすじ】今は使われていない病院に12人の子供が集められ、そこで集いが行われる。目的は12人全員が安楽死をすること。しかし、集められた部屋には13人めの子供がいてすでに死んでいた。このままでは全員が殺人者の疑いをかけられてしまうため、13人めの死体について話し合いが始まった。

十二人の死にたい子どもたち

追求と真実、生と死を描いた作品であり、物語にアラはありますが、それでもまとまりがある映画

監督は、TVドラマと劇場映画の両方を独特な世界観で制作することで知られており、軽快な演出とこだわりの映像でファンも多いと思われる監督です。

・原作のは、SF作品が得意な作家であり、夢枕獏と栗本薫に影響が受けています。

・物語は、密室系の物語となっており、安楽死を行うために12人が、廃病院に集まるのですが、予定外の13人目がいた事で、決行するかどうかと話しm合う物語。

・ときて、ピンときた人はスルドイのですが、「12人の怒れる男」「12人の優しい日本人」がアイデアの根底にあるように思います。

・12人の子供(学生?)が自殺を決行するに問題点が浮かび上がったので、話し合いと全員一致の意見を出す。

・この要素のついては上記類似作品のポイントになります。

・では、本作の大きな特長は何かと考えると、集いが始まるまでに起こったことを再検証できるということ。

・あくまで、集いに集まった人が当事者であり、当事者の主観で結論が語られることです。

・この要素があるために、事件の概要がシッカリと映像化されます。ここはわかりやすい点であり、ダレ場も少なく演出されます。

・終盤では、伏線をすべて回収してくれるので、すっきりした幕引きとなりますが、いくつか気になるところもあります。

・各キャラクターの自殺の動機は明確なのですが、数時間後には安楽死をするという準備をあまり描いていないところが、どこか本気さがないように思います。

・大人が出てこないところもあるので、どことなく説得力に欠ける点もありますが、のしっかりとした口調と筋があるからこそ終盤まで、観られたのかもしれません。

・追求と真実、生と死を描いた作品であり、物語にアラはありますが、それでもまとまりがある映画かと思います。

十二人の死にたい子どもたち (通常版) [DVD]

 

十二人の死にたい子どもたち (通常版) [DVD]

十二人の死にたい子どもたち (豪華版) [Blu-ray]

 

十二人の死にたい子どもたち (豪華版) [Blu-ray]

十二人の怒れる男 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

十二人の怒れる男 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

 

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)

十二人の死にたい子どもたち(3) (アフタヌーンコミックス)

 

十二人の死にたい子どもたち(3) (アフタヌーンコミックス)

12人の優しい日本人 [DVD]

 

12人の優しい日本人 [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました