【日本映画】「OVER DRIVE〔2018〕」を観ての感想・レビュー

[PR]
【日本映画】
【日本映画】★★☆☆☆
この記事は約2分で読めます。
[PR]

【監督】
【出演】
【個人的評価】

【あらすじ】公道自動車レース「ラリー」を舞台としたドラマ。真面目で腕のいいメカニックの兄 檜山篤洋と天才ドライバーの弟 直純を主軸として、全くの素人のマネージメント担当 遠藤ひかるが絡み、レースと兄弟の関係を描いた作品。

OVER DRIVE

少年漫画的な演出と進行になっており、ツッコミどころもしっかりと網羅

・あまり語ることがないといえばない映画ですが、そこはかとなく昭和なカーレース漫画のような展開にツッコミながら観られる映画です。

・カーレースの世界を描きつつも、それだけだと華がないので、マネージメント担当として遠藤が絡みます。

・必要かそうでないかというと、これもまた、どちらでも良い印象です。

・レースシーンはF1中継で培った演出がものをいうところがあり、普通に楽しめます。

・しかし、公道レースでもあり、実際レインボーブリッジで高速運転をすると、クラッシュの際には確実に「ヤバイ」ようにも思えます。

・そんな状況でもドリフトをやってしまうのはドライビングテクニックだからでもあり、映画だからでもあるのかもしれません。

・基本的に、少年漫画的な演出と進行になっており、ツッコミどころもしっかりと網羅されているので、単純に、テキトー観るのに良いのかと思います。


OVER DRIVE
OVER DRIVE Blu-ray豪華版
Over Drive
Over Drive(1) (週刊少年マガジンコミックス)
映画「OVER DRIVE」オリジナル・サウンドトラック

コメント

タイトルとURLをコピーしました