【日本映画】「幕が上がる〔2015〕」を観ての感想・レビュー

[PR]
【日本映画】
【日本映画】★★★★★
この記事は約2分で読めます。
[PR]

【監督】
【原作】
【出演】
【個人的評価】

【あらすじ】地方高校のとある演劇部が舞台。顧問の溝口は演劇知識もなく、指導力もないクラブですが、そこに新任教師の吉岡があらわれたことにより演劇部が生まれ変わっていく。

幕が上がる

幕が上がる

, 玉井詩織, 高城れに, , 佐々木彩夏, , 清水ミチコ, 志賀廣太郎,
Amazonの情報を掲載しています

出演者や演劇に興味のない人の方がむしろ感銘を受けるような作風

・「世代年代を問わず幅広い方々に共感し感動してもらえる青春映画」を目標に製作された。

・生徒役5人()の演技がみずみずしく描かれています。

・本広克行監督は、「踊る大捜査線」で知られる監督で、日本の邦画興行記録1位の記録があります。しかし、監督を引退しようと考えていた時にこの物語に巡り合ったそうです。

・そのため思い入れも強く、青春アイドル映画の新たな金字塔となるような作品を心がけたそうです。

・映画「がんばっていきまっしょい」との類似性も垣間見られますが、ももクロメンバーのみずみずしい演技と本広克行監督の演出が全てを払拭するような作品に仕上がっています。

・特筆すべきは、大人はあまり介入せず、学生たちを後押しする立場程度にとどまっているところです。

・そのため、演劇の演者だけに始終するわけでなく、演出家として、役者を辞め、とりまとめ役を行うところが、まさしく主役は学生演劇部である彼女たちなのだと気付かされます。

・演出家としての立場と役者としての立場。この俯瞰した演劇部の成り立ちを見事に描ききっています。それはそれは、「この演劇部を応援したい」という気持ちを観ている側に深く刻み込みます。

・一般的な評価も、出演者や演劇に興味のない人の方がむしろ感銘を受けるような作風で、広く色々な人に見てもらいたい作品です。


幕が上がる 豪華版 [Blu-ray]
幕が上がる (講談社文庫)
舞台 幕が上がる 特装版
幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦 [DVD]
映画「幕が上がる」オリジナル・サウンドトラック

コメント

タイトルとURLをコピーしました